Schedule  Twitter  facebook  Category  Profile  Archive  Entry  Comment  Lesson  Home
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< David Dyson & Damian Erskine at Bass Bash NAMM 2010 | main | 2012年08月16日のつぶやき >>
2012.08.16 Thursday

SLB-200(YAMAHA)

JUGEMテーマ:楽器
YAMAHA SLB-200(初代)
slb200
使用弦:スピロコア(レギュラー)4弦のみ違う弦張ってます。(忘れた。)
後はノーマル仕様です。指板修正やちょこちょこした所はいじってます。
かれこれ8年以上使い続けてます。

初代と今のものはちょっとしたパーツが違うみたいですが、
エンドピンと本体を結合する為のパーツを今のものに変更してから良く鳴りました。
ピン自身にもドラムのパーツを用いて
楽器の高さを決めれるように設定しております。
slb200-2
indigo jam unitではこの楽器は欠かせない存在です。
結成時から鳴らして来たのでかなり生音でもびっくりする程でかいです。
本当はコントラバスをライブで使いたいのは山々ですがハウリ対策が課題です。
そんな条件をスルーしてしまう楽器あったらすぐにでも使ってみたいっすが。。
コメント
突然のコメント失礼致します。こちらのSLB-200は4弦のみ別の弦を交換されてるとの事で検索に引っかかりました。当方のSLB-200は生で弾いてもプラグインしても4弦のみこもって音抜け抜けの悪さが目立ちます。もしかして同じお悩みからの対策かと思い、交換に至った経緯を教えて頂ければと思いコメントさせて頂きました。交換することで改善するのでしたら是非チャレンジしたいと考えておりますので良かったらお聞かせ頂けないでしょうか?
  • Shiba
  • 2013.02.08 Friday 09:47
Shibaさんへ
弦に関してはおっしゃる通りと思います。
なり方がたまたまなのか、4弦のみ相性悪かったので、以前の弦を使っております。
確か、Jazzer だったと思います。(僕もウルオボエです。すんません。)
後、ナットの溝の高さ幅等も関係してくるものだと思います。一概では無いですが、今のところそんな感じです。参考になったでしょうか。
  • BJ
  • 2013.02.26 Tuesday 03:14
参考までに。

本体の工場出荷時での弦は非常にテンションがキツすぎるので、
テンションを弱くする工夫をされてはと思います。
今迄にやった事は
弦高調整。
弦楽器屋さんにて、ナットの高さを調整。
一番効果があるのは、コントラバスのソロ弦を張り、レギュラーチューニングをすると若干ウッドベースにも近いようなテンション感は得られます。
またわからない時は質問ください。
  • BJ
  • 2013.02.26 Tuesday 03:19
横からコメント失礼します。
私もSLB200を使用していましてテンションの強さが気になっていましたのでお聴きしたいのですが、何度かインディゴのライブも観に行かせて頂いたことがあるのですがライブで使用されている
SLBにもスピロコアのソロ弦を使われているのでしょうか?よろしくお願い致します。
  • ヤマモト
  • 2015.11.02 Monday 13:11
ヤマモトさんへ
相当気づかず、今になりました。汗すみません。

現在の弦は、ダダリオの「Zyex」に落ち着いてます。終着点かもしれません。w
わからないですが、。結局レギュラーゲージ使ってます。指が相当強くなりました。
  • BJ
  • 2016.03.17 Thursday 03:08
コメントする